読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xbox 360のインディー開発プログラムが段階的に終了へ―XBLIGストアは2017年9月閉鎖

Microsoftは、Xbox 360で展開されているインディー向けゲーム開発プログラムXNA Creator's ClubとXbox Live Indie Gamesのサービス終了プロセスの開始を報告しました。

XNA Game Studio Team Blogにてこの情報を伝えたMicrosoftのChris Charla氏によると、同プログラムの終了プロセスは段階的に行われる予定で、一先ず2015年9月9日をもってXNA Creator's Clubの新規登録やメンバーシップの更新の受付が終了。現在Xbox Live Indie Games向けの新作を手掛けている開発者については、2016年9月9日まで新作のリリースを受け付けています。Xbox Live Indie Gamesのストアは2017年9月に閉鎖される予定。

今回のプログラムの廃止に際し、全てのXNA Creator's Club会員メンバーには永久的なWindows Developerアカウントが与えられるとのこと。尚、購入済みのXbox Live Indie Gamesタイトルは今後もプレイ可能で、再ダウンロードにも対応すると伝えられています。

『Battlefield 1』は、PS4/Xbox One/PCを対象に10月21日発売予定です。

そのほか、検討している部分として、武器やビークルなど、他の要素のバランス調整の可能性もあるそうです。 ベータ版で効果的だった軽戦車をはじめ、馬の耐久力がやや高いという点に調整が入るかもしれません。 EA DICEチームによると、より早い段階から、ビークルへの対抗手段を増やす必要があるということがベータで判明したとのこと。これについても、より強力なビークルへの対処を可能とする援護兵のガジェットを含め、調整を検討している、としています。

強敵とのバトルでの強い味方! スペシャルチケット登場!

冒険の最中、時として強敵と出会うこともあるだろう。そんな時キミの助けとなる特別な味方がいる。
 それがスペシャルチケット! このチケットから召喚されたモンスターは、強力な必殺技を放ちキミを勝利へと導いてくれるぞ!
 パーティがピンチの時に、一発逆転を狙える切り札として使える頼もしいチケットなのだ!

カードゲーム「ウノ スーパーマリオ」6月18日発売、「ホワイトマリオ」「無敵マリオ」の特殊ルールも採用

マテル・インターナショナルは、『ウノ スーパーマリオ(DRD00)』を2016年6月18日に発売します。

「ウノ スーパーマリオ(DRD00)」は、カードゲーム『UNO(ウノ)』と『スーパーマリオ』シリーズのコラボレーションにより誕生したカードゲームです。本作は、『ウノ』をベースにマリオの世界観に基づいたアレンジが施されており、シリーズに登場するキャラクターがデザインされたカードが112枚用意されています。

本商品には、「スーパーマリオスペシャルルール」が存在しており、カードに好きなルールを書ける「ホワイトマリオ」と、ドロー2・4を跳ね返すことのできる「無敵マリオ」のカードが収録されています。

童話の世界へ! 3DアクションRPG『OZ Chrono Chronicle』4月28日より事前登録開始!

豪華声優陣にも注目
 DMM GAMESは、童話の世界を舞台にくり広げられるスマートフォン用アプリ『OZ Chrono Chronicle』の事前登録を、2016年4月28日より開始した。あわせて公式サイトがオープンし、事前登録キャンペーンが開催されている。

LEVEL∞、「ドラゴンクエストX オンライン」の推奨PC発売

 ユニットコムは4月25日、ゲーミングPCブランド「LEVEL∞」より、Windows用オンラインRPGドラゴンクエストX オンライン」の推奨ゲーミングPC2機種を発売した。価格は105,818円(税込)より。

 本製品は、CPUに第6世代インテルCoreプロセッサー、GPUにはGeForce GTX 900シリーズを搭載しており、ゲームをプレイする上で十分な処理性能を実現している。M-Classの「Lev-M015-i5-RM-DQX」はコンパクトなボディで省スペース設計、R-Classの「Lev-R017-i7-TM-DQX」は拡張性の高いケースを採用しており、ユーザーの環境に合わせて最適なPCを選択できる。

   ルーセントハート RMT

「スターフォックス ゼロ」のショートアニメが公開決定公式サイトに宮本茂氏へのインタビュー記事が掲載

 任天堂は、4月21日発売予定のWii U用2画面3Dシューティング「スターフォックス ゼロ」について、ショートアニメ「スターフォックス ゼロ ザ・バトル・ビギンズ」のインターネット放送を決定した。配信日時は4月21日7時を予定。任天堂公式サイト、YouTubeニコニコ生放送で配信される。

 「スターフォックス ゼロ ザ・バトル・ビギンズ」は、Production I.GとWIT STUDIOによって制作されたショートアニメ。放送時間は約15分で、放送後にはよゐこ濱口優さんが本作をプレイする「ゲームセンターDX」も放送される。なおYouTubeでは、ショートアニメの予告編が公開されている。

 さらに任天堂公式サイトでは、「スターフォックス ゼロ」のプロデューサー兼スーパーバイジングディレクターの宮本茂氏、ディレクターの林悠吾氏へのインタビュー記事第1回目が公開されている。